2011年11月01日

事態は収束したのか・食べ物について

最近、ちまたでは原発事故の事や放射線の事についての話題がめっきり減って来たように感じています。
本当に事態は収束に向かっているのでしょうか。被害はもう気にする必要はなくなったのでしょうか。
ドイツの放射線防護協会が日本人に向けてメッセージを送っています。

日本の食品の安全だとする暫定基準値は500Bq/kgです。
ドイツ放射線防護協会が助言するのは子供は4Bq/kg、大人は8Bq/kg、、、

どちらを信じますか?

先日、せたな町で「考えてみようエネルギーのこと」と題する講演会が開かれました。
御用学者とおぼしき北大の教授が、原発事故が津波が原因だったこと(地震により配管がすでに壊れていたと指摘されていることは無視)、自然放射線を日々受けて生活していること(今回の事故での内部被爆は無視、1msv/年以上被爆させてはいけないという法律には言及せず)、自然エネルギーは不安定で原発に変わる発電方法が見つからない話(シェールガス発電には一言も触れず)、などなど原発推進話しを沢山して下さいました。

話の中で、「国際的な基準に合わせて食べ物の暫定基準が決められた」との発言があり、質問をしてみました。

質問「国際的な基準とおっしゃっりましたが、他のどの国で500Bq子供に食べさせて良いと言っていますか?」

答え「ICRPという国際的な団体が膨大な研究データをもっていて、各国はそれを参考に決めている。日本もそのデータを元に決めました」

再質問「そういう事ではなく、私の質問は、他のどこの国が500Bq/kgの基準をもっているか?と言う事です。」

答え「ぼくは知りません。」

再質問「ドイツの放射線防護委員会(協会の間違え)が子供は4Bq,大人は8Bqにすべきと言うメッセージを日本人へ送って来ていますがそれについてどう思いますか?」

答え「そのメッセージを知らないので何とも言えないのですが、ドイツではドイツの事情でそうしてるんでしょう、ICRPのデーターを元に各国の事情によって決めるのですから。日本には日本の事情があります。」

再質問「安全性で決められているのではないのですか?」

答え「安全性だけではなく、政治的な事情なども加味されて決められます」

再質問「政治的な事によって決められてるんですね。ドイツからの提言と日本の暫定基準値はあまりにもかけ離れて違います。」

答え「そうですね、大きいですね。でも何とも言えません。安全性と政治的な事などで国がそのように決めました。」

完全な再現ではありませんがこのような感じのやり取りでした。


こういう学者さんや政府を信頼していると、この先大変な事態が待ち構えていると思えてならないのですが。
posted by Mr.Buu at 21:55| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

久し振り

久し振りの更新!

今日は函館行ってお肉を取ってきました。
内臓処理して、塩ホルモンを作る予定でしたが、ちょっといつもより黄色っぽかったので、苦味がでたら困るので、我が家のモツ鍋用になっちゃいました。
と殺前にお腹減りすぎて胃液が出すぎちゃったのか。。。
でも前日の朝までエサ食べさせてたのだが、、、(と殺前は放血が悪くなると言う事で空腹にさせるのが基本です)

ともかく、味見せねば、、、


さて、話は変わって昨日夏休みにせたなへ一時避難されていたSさん親子が移住されました。
福島市の高い放射線量をネットで見る度、早く早くと念じていたのですが、少しホッとしました。
今日は、役場の町長室で町からの支援を受け取る「セレモニー」がありました。
町からの手厚い移住支援はもちろん、福島の現状を訴える彼女の声に町長、副町長、教育長、総務課長が熱心に耳を傾けてくださったことに感謝です。
こうした人間味のある町に住んでて良かった!町の真の発展とはその様なものの上に成り立つと信じています。

Sさんが一日も早くこの町に慣れる事を願っています。
posted by Mr.Buu at 19:28| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月30日

ご支援下さい!

何らかの事情があって、避難できない福島の方たちに夏休みの間だけでもゆったりと親子の時間を過していただき、その間に体内の放射性物質の排出に少しでもご協力できればと言う事で、私が代表を務めております「風の町の未来'S」では4家族の方を8/3〜21の期間、お招きしょうと動いてまいりました。
今現在申し込みは2家族、6名です。

往復のチケットなどは道が支援してくれる手はずが、せっかく何とか整ったのですが、残念ながらその支援の基準は10人以上、、、支援が受けられる望みは小さくなってしまいました。最終の締め切り(フェリーチケットの関係で)が月曜日8/1の8:00なのです。

私たちは何の後ろ盾も無い、若い農業者中心の集まりで小さな力しか持っておりません。
ツイッターで山本太郎さんが私達の行動にこんなメッセージを下さいました。
「小さくなんかない。動く個人が増えれば大きな力」
足元を見れば誠に頼りない、私達のあゆみも大きな力になって行くのだと信じ、見えない先を見すえて踏み出したいと思っております。

どうぞ皆様のお力をお貸し下さい。
資金援助や滞在中の食べ物などの物的支援など、ご協力を心からお願いいたします。


ご協力くださった皆様、本当に沢山のご支援ありがとうございました!
後ほど未来'Sブログの方で、ご報告させていただきます。
posted by Mr.Buu at 23:20| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

未来'Sからのお願いです

誠に久々のブログの更新で、唐突ではございますが、、
せたなの農業者を中心としたグループ「風の町の未来’S」(かぜのまちのみらいず)からのお願いです。

********
原発の事故から、福島県内、特に福島市や郡山市などの場所によっては小さなお子さんにとって誠に過酷な状況となっているエリアが多数存在しています。そして、鼻血や下痢などの内部被爆の症状が疑われる事例が数多くあがっているそうです。

そんな中で沢山の親御さんたちが子供達の命を守ろうとしています。しかし、移住したい思いをもちながらも決断に踏み切れない方、金銭的職業的に困難な方、夫婦で意見が異なる方など、なお多数の方が子供や自身の体調不良の前にただ立ち尽くしている現状を伝え聞いております。
 夏休みの間だけでも子供達に放射能に怯えることなくのびのびとマスクをせず、半袖半ズボンで過させてあげたい。また親子で当たり前の夏休みを過させてあげたいと、北海道の各地域で沢山のグループが立ち上がり、福島の方々を招いています。
 
 誠に緊急ではございますが、私たち「風の町の未来’S」でもそんな親子の要望に答えるべく、8月4日〜22日の日程で、往復に道の支援を受け(それぞれ太平洋と日本海周りのフェリー)せたな町北桧山区秀明ナチュラルファーム研修寮「ナチュラルハウス」に12人を限度に4組の家族の受け入れを目指し全力で動いております。

できましたら、なるべく多くの方にこの企画をご紹介いただけましたら幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。
受け入れ企画の詳細、募集要領は「風の町の未来’Sのブログ」からお願い致します。


*******
posted by Mr.Buu at 09:53| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

斉藤武一さんせたな講演会のお知らせ

脱原発の講演会を聞きに3時間ほど離れた余市まで、主に農業を生業とする仲間たちと一緒に行ったのは4月9日の事でした。

講師は斉藤武一さん。

現在塾の講師をやっておられます。
斉藤さんは北海道で唯一の泊原発から4kmの岩内漁港で30年間海水温を測り続けられました。それは、原発から大量に排出される温水の影響を調べる為でした。講演会では地元岩内で原発の問題と向き合ってきて実際に反対運動が封じ込められていった話。泊原発の裏手で奇形の植物が育っていた話などが語られたのが印象的でした。また天然ガスが発電においてどんどん優位に立っている話など、目を開かれる思いがしました。

そしてそれは一緒に行った仲間たちも同じ気持ちでした。

特に講演会を聴きに行く前に多くの人から聞いていた「でも、北海道では原発が4割の電気を作っているからね、、、止めるのは難しい」は実際のところ、どうもそうではない事を知りショックを受けました。
東京電力にもかなりの量が送電されているらしく本当は北海道だけなら今すぐ原発を止めても電力は不足しないらしいのです。(東京への送電を今直ちに止めるわけにはいかないでしょうが)

せたなに帰ってきた私達は、これは多くの人に現実を伝えなくてはいけないと話し合いました。
そして、新しいエネルギーの象徴の風車が立ち並ぶこの「せたな」から子供たちの未来を考えてゆく「風の町の未来's」という団体を立ち上げ、私達の聞いてきた斉藤武一さんの話をせたなの方々にも聞いていただこうと、早速、講演会を企画する事になりました。
甚だ力不足ではありますが、私が代表となりこれから色々な事を皆と共に学び、これからの未来図について語り合い、考える会にしたいと思っております。

原発の問題は、多くの人の意見が食い違います。

しかし、実際にもし原発を止めることがさほど多くの電力不足をもたらさず、地球温暖化にも多くの影響を与えず、単なる政官業の癒着の問題であったとしたら、大地震で生活全てが破壊され更にその土地で人が住めなくなるリスクは一体何のためなのでしょう。

結論付けるには私の知識はまだ乏しすぎます。
これから、一つ一つ色んな角度から学んで行きたいと思います。
せたなでの講演会がこれから同じように学んでゆこうと思う方々の一助になれば幸いです。

*講演タイトル*
福島原発が教えてくれたこと〜子供たちの未来のために何ができるのだろう〜
講師:斉藤武一さん

*場所*
せたな町瀬棚区本町638「瀬棚町民センター」

*日時*
5月15日13時30より

入場無料、託児室もあります

主催:風の町の未来's(代表:上泉新)
posted by Mr.Buu at 18:05| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

わっかけ岩始動!

wakkakeposuta-.JPG
明日30日元ドライブインわっかけのあった場所で新星わっかけ岩オープンです!
私たちの加工品、生肉の販売に加え2階レストランでも黒豚ロースカツが食べられるようになります。
しかも1時と3時から生バンドの演奏もあります。
わっかけロックで盛り上がりましょう!!
posted by Mr.Buu at 20:25| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

ビールのおつまみにどうぞ

高窪美穂子さんが私達の黒豚のお肉を使った素敵なレシピを作って下さいました。
これからのシーズン、ビールのおつまみに最適な「のし豚」です。
一度是非トライしてみて下さい!
posted by Mr.Buu at 20:06| 黒豚肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

緊急講演会のお知らせ

緊急講演会のお知らせです。
今回の地震で明らかになったように地震の多い日本が原発を続けるかどうかは、日本のみならず世界の全ての生き物の将来に重大な影響を及ぼします。低エネルギーのライフスタイルや代替エネルギーについても考えなければいけませんが、いつ起こるか分からない地震にそなえ、今原発を止めるために動かなければならないと思います。
山の会のメンバーとともに瀬棚から出かけます。
もし、せたな在住で思いを同じにする方は、一緒に行ってみませんか。ご希望の方はホームページの目次からメールください。


以下牧野さんのブログより===

緊急講演会 「原発の時代は終わった」
−福島第一原発事故が教えてくれたこと−
とき: 2011年4月9日(土)18時30分〜
ところ: 余市町中央公民館大ホール 入場無料
 
託児室を用意しています。 放射能で最も被害を受けるのは、乳幼児や小さな子どもたちです。そして、これから子どもを産む可能性のある若い人たちにも大きな影響があります。ぜひ、子育て中のお母さんたちにこそ、聴きにきていただきたいと考えています。
講師: 斉藤武一さん (岩内原発問題研究会代表)
         紙芝居での分かり易い解説をスクリーンで映します。

 斉藤さんは、泊原発の環境への影響を調べるため、一市民として30年以上、どんな嵐の日であろうと波にさらわれそうになりながらも、毎日海水温を計り続けてきました。元保育士、現在学習塾経営。著書に「木田金次郎 山ハ空ヘモレアガル」、「海の声を聞く−原子力発電所温排水の観測25年」、「理想の保育園ー障害児は神様」。

主催: 泊原発を止める会 (代表:牧野時夫 0135−22−7431)

すでに、複数の団体で代表などというものをやっているし、もうこれ以上忙しい思いをするのはいやだなあという気持ちもあったのですが、そんなこと言ってはいられません。放射能で苦しむ命を決して見たくはないし、この大地が汚されて命を育む農業ができなくなるようなことを、決して許すことはできません。そのためにできることは、何でもやります。まず、何が何でも泊原発は、停止に追い込みます。もちろん、それだけでは終わらないでしょう。代替エネルギーも必要です。何よりも、省エネルギーの持続的な暮らしをどのように築いていくかを、模索して行かねばなりません。
それにしても、こんな形で我々の時代がやってくるとは思ってもいませんでした。ここで日本が変わらなければ、もうこの国に未来はありません。
今こそ、日本を変えよう!

===転載終了
posted by Mr.Buu at 21:37| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

せたなのハイヤー屋さん

先月せたなのハイヤー屋さん「東ハイヤー」の社長さんと知り合いになる機会があり、お付き合いさせていただくようになりました。
この地域の為に新しいことを始めたいと意欲のみなぎる方であります。
先日は、三重大学の石田先生を招いて下さり、ドイツの農村コミュニティビジネスとせたなでの実践についてのお話を伺う機会をセッティングして下さいました。

本業のビジネス・ハイヤー事業についても先進的な取り組みを始めておられます。

14人乗り町内どの区までも一律片道7000円!!(ワリカンで1人当たり500円)

スクールバスを使わない時間帯、車両を有効に活用した破格の新商品です。
詳しくは東ハイヤー「0137-84-5411」までお問い合わせくださいませ。

その他、破格の第二弾も検討中だそうです。
詳細が分かり次第、ご報告いたします。


***お知らせ****************
グリンピースで「枝野さん、安全な電気がほしいです」というオンライン署名をやっています。
賛同される方はぜひご署名下さい!
***************************
posted by Mr.Buu at 22:06| 同志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

ありがとうございました

この度の被災地支援でご賛同ご協力して下さいました方々、本当にありがとうございました。
どのようにかは分からないのですが、何らかの形で支援を続けていきたいと思っております。
これからもどうぞよろしくお願い致します。


原発の方も次々と事実が明らかになって来ております。
以前から反原発の活動をされて来た田中優さんの3月26日の講演が公開されています。
本当に新しい日本を作ってゆかなければならないと思います。
是非ご覧下さい。(田中さんの話は40:45〜)
posted by Mr.Buu at 20:51| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。