2010年03月26日

うれしい!モノが噛める!!

昨年、函館の出荷の帰り車を運転しながらパンを食べているとガリット石のようなものをかじりました。なにかと思ったら、それは歯でした。帰ってからじっくり見てみると見事に左の奥歯が欠けているではありあせんか。
 もう神経を抜いている歯だったので、ひどい虫歯になっているのに気が付かなかったようです。
お世話になった歯医者さんは上手で親切、とても評判のいい歯医者さんだったので、予約も何時も満杯。順番は回ってきません。こちらも忙しかったので、予定もかみあわなく、なかなか治療が進みません。
左の奥歯は穴が開いたままの状態で、ものを食べる時は右奥を集中的に使っいました。そうすると、今度は右奥が参ってきました。神経が痛みだし、この歯は虫歯自体はさほどひどくなかったようですが、やはり虫歯。両奥歯治療開始、、、絶体絶命です。

もともと胃の弱い私は、ご飯をかなりよくかんで食べる人なので、丸呑みにすると胃袋にかなり負担がかかってしまいます。昨年の年末はほとんどおかゆとなってしまいました。

この状態に耐えられず、1ヶ月先の予約を既に入れていた歯医者さんには大変申し訳なかったのですが、友人から紹介してもらった別の歯医者さんに通う事になりました。こちらの歯医者さんも大変上手で、親切、しかも毎週予約を入れてくださいました。

左の奥歯の治療が終了して、右の奥歯は神経の痛みがひくまで様子見となりました。しかし結局、右の奥歯の痛みは消える事無く、神経を抜いていただきました。そして今、ようやく何の痛みも無く食事が出来る幸いが戻って参りました!歯医者さんありがとうございます!!

普段、普通に使ったり摂ったりしてるモノが最も大切なモノ、既に与えられているモノが自分にとって一番必要な事に改めて気づかされます。


posted by Mr.Buu at 05:44| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

まったりと糞出し

肉体労働との最初の出会いは高校生のときでした。
その高校は珍しい寮制の学校で、基本方針のようなものが体操場の額にありそこには
「読むべきものは聖書
学ぶべきものは天然
為すべき事は労働」
と書いてあり、普通科の高校としては度を超えて、体を動かす仕事を重視していたと思います。
そんな学校に入り畑作業に、豪雪の雪かき、くみ取り作業など色々な労働を経験する事ができました。

仕事の中でくみ取り作業は結構好きな部類でした。
別に汚いのが好きな訳じゃないけど、嫌な事から逃げる事の多い自分が、正面から嫌な事と向かい合う事の出来る爽快感と達成感が好きだったのだと思います。(始める前はかなり嫌で実際逃げる時もあった)

 そして、今、、、
最近の仕事は豚の糞出し。
冬の間たまりにたまってかなり汚れてしまった豚たちの部屋。気合いを入れてキレイにしなけりゃなりません。やはり、かなり腰の重くなる仕事ですが、やり始めると気持ちがまったりしてきて妙にいい感じです。他に一緒に作業する人がいるとついつい頑張ってしまいヘトヘトになったりします。でも、一人で豚の様子を見ながらゆっくりやっていると、つくづく天職(天が与えてくれた仕事)だなぁと思ってしまいます。

肝心なのはムキになってペースを上げない事。

アセリ出すと目の前を自分勝手に歩く豚が邪魔に思えてきたり、仕事の進みが遅く感じられてきたり、途端に気分が不幸になってきます。
キーワードはゆっくり、まったり、、、
posted by Mr.Buu at 21:15| 黒豚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

個性的な生き物たち

人には様々な個性があり、日本人は特に性格を血液型と重ねて、その信憑性はともかくとして、この人はA型だから几帳面、B型だからわがままだとかよく言います。外国人のウーファーが来るとその話になり、欧米方面の人は血液型すら知らない人が多く、ちょっと不思議なその日本文化(?)に驚いています。しかし、最近知ったところによると韓国人も同じように血液型、言い伝え、まじない、占いの系統が大好きだそうです。

話が横にそれてしまいました。
人に個性があるように動物にも個性があります。
我が家には犬が二匹いますが、明らかに性格が違っています。生まれた時から我が家にいるジャックはどちらかと言うとひがみっぽい性格で、後から来たムサシは天真爛漫。
 ジャックをなでているとムサシはシッポを振りながら強引に割り込んできて、お尻をジヤックに押し当て、シッポを振りながらそのまま後ずさりして人とジャックを引き離そうとします。
 ところが、はじめにムサシを撫でているとジャックは何かのキッカケや気持ちが高ぶった時しか近くに来ようとしません。半分横を向いた状態で遠くからひがみっぽい眼差しをおくってくるだけです。

人には人の個性があり、犬には犬の個性があります。
そして、やはり豚には豚の個性があります。

3月5日の記事にも書いたピーターは今回が二度目のお産ですが、一回目の時には気づかなかった個性が見えてきました。実はこの豚、相当な几帳面。エサを食べる時は丁寧に端から線をそろえて食べてゆきます。普通の豚は手当たり次第、エサにがっつく感じなのと比べ、豚としてあり得ない自制心が働いているようです。こんなきれいな食べ方をする豚は今まで見た事がありませんでした。
000408.JPG
そして、食べたら出す。
やはり排泄場所も自分で決めた場所からずらしません。
キャメロンなどの思いついたらそこがトイレな豚とは大違いです。

黒豚加工品販売中です。こちらからどうぞ!
posted by Mr.Buu at 05:21| 黒豚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

我が家のタケノコ

近頃「なんか日々大きくなってるかな、、、」とは感じていたし、親しくしていただいているお姉ちゃんから「会うたびに大きくなるね〜」と言われてはいました。しかし一昨日、実際に測ってみてびっくらこいた。

なんとヨッチの身長が1月半で2.3cmもでかくなってる!

このままの勢いで大きくなったら一体どこまで行ってしまうのだろう、、、
父親としてはもう少しゆっくり子供が子供の今の時をゆっくりと味わっていたいのですが、そんな悠長な事は言ってられませんよと、定規のメモリに冷たくも教えられました。

仕事柄、子供と顔を合わせていられる時間が長い幸運が与えられてる反面、つねにばたばたしてしっかりと向かい合っていない自分としては、このヨッチのタケノコ化現象はちょっとショック。
ひょっとすると「かぐや姫」の話は日ごとの生業に心を奪われているうち、子供はあっとゆうまに成長、自立していなくなってしまうというイマシメなのでしょうか。

こんな事を思ってる俺、かなり高い確率で子離れできない親になりそう、、、

000407.JPG


黒豚加工品販売中です。こちらからどうぞ!
posted by Mr.Buu at 05:22| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

焼豚風なおかずはいかがでしょうか

私たちの黒豚のお肉を使った料理の素晴らしいレシピを紹介してくださっている高窪さんが、しあわせ黒豚レシピへ新しいレシピを公開してくださいました。
今回は焼豚風のおかずです!
こちらからどうぞ!

函館からの生肉の引き取りから始まり、切り分け、スライス、販売、後片付けと夫婦で約150kgのお肉と向かい合う怒濤の3日間が大方終了しました。
今回は更にその間に緊急の「山の会」が2回開かれ、頭の中が少しモウロウとしております(笑)。
山の会では札幌方面より2組のお客さんがこられました。忙しくはありましたが、一緒にとても有意義な時間が過ごせ、感謝でした。お二方とも大変ユニークな考えをもたれた方で、興味深い活動をされておられます。価値観の近い人たちとの繋がりが縦横に広がって来るような思いになりました。

生産者、流通業者、料理関係、消費者などが、食べるという命に関わる営みを通して、自然や、口に入る動植物の事、社会のありようなど、深い部分で思いをつなげながら互いに力づけられるような連携が生み出せてゆけたらいいな〜と願っています。

詳しくはそのうちご報告したいのですが、今年も大きな展開がありそうです。

黒豚加工品販売中です。こちらからどうぞ!
posted by Mr.Buu at 22:25| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

マイバーバー

低コストに抑えなきゃいけない農家の生活の必需品、、、それはバリカン!
20代のはじめは長髪、茶髪だった私も髪型への執着はすでにアトカタも無く、あるのはコストの執着だけ。ありがたいことにかあちゃんの手先が器用なので今まではハサミでちょきちょきやってもらっていましたが、昨年時代は電動バリカンへと動きました。

ただこのバリカン、パワー不足なのかよくひっかかります。
知る人ぞ知るバリカンがかんだ時の痛さ!
しかし、心なしか母ちゃんに悪態をついた時によくかんでいるような、、、
母ちゃんから教えてもらったところによると、これは天罰らしい。

ともあれホームセンター購入価格2980円。この痛みには耐えねばなるまい。

000406.JPG

我慢強い父ちゃんと愛情豊かな母ちゃんが作った黒豚肉加工品、販売中です。こちらからどうぞ!

posted by Mr.Buu at 21:19| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

黒豚さんの積み込み

黒豚の出荷を始めた6年前はそういう年でした。
出荷の前日、豚を積み込む日に限って猛吹雪、前の日には結構いい天気なのにだんだん雲行きが怪しくなり、積み込む時には大荒れ。そして翌日出発すると同時に回復に向かってゆくという、、、「なぜなんだ〜」気温-10℃以下、風によって体感温度?℃鼻水をツララにしながら、これはきっと甘っちょろい自分を鍛えるための試練なのだ〜。と念じつつ壮絶な冬を乗り越えた。ような気がする。(少しちがったかも知れない)

今年はその6年前を彷彿させるような年です。
あの時までは大荒れではないのですが、確かに出荷サイクルと悪天の巡りが悪い。
きっと今シーズン積み込み日はパーフェクトに雪が降っています。今日もしんしんと雪が降っています。(今日は豚積み込み時に雪が上がり、また豚がおとなしく従ってくれたのが幸いでした)

明日は、「スキー下山」まではいかないと思いますが、「雪かきスコップ振り回し下山」になるかもしれません。
とにかく翌朝は三時起き、早寝をしましょう。

黒豚加工品販売中です。こちらからどうぞ!
posted by Mr.Buu at 21:05| 黒豚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

豚とひとつ屋根の下便り

月にほぼ一回の生肉販売に合わせて豚とひとつ屋根の下便りという通信を発行しています。
そろそろ、その原稿を書き始めなければならないのですが、まだ重い腰が上がっておりません。子供の頃から、テストの勉強も夏休みの宿題も徹底して極限ギリギリを貫いてきた私は、今も健在。早めを心がけ準備しようと思いますが、私の中の何かがそうさせません。
 かみさんと子供には「ちゃんと準備しなさい」的な事を言ってみたりもしますが、こんな私が力のあるコトバを吐けるハズもなく、魂の抜けたセリフになってしまいます。

昨日、義理の兄弟と車の購入についての話をしていたのですが、彼の話を聞いているとすごい緻密に車の購入計画を子供の成長と共に考えていて、その準備の良さにカルチャーショックを受けました。いかに自分が先の事を考えるのが苦手なのかを思い知らされました。

ともあれ、豚とひとつ屋根の下便り、、、書くまでは何を書こうか悩むのですが、実際に書き始めると(浮かんでこない事もありますが)あれも、これもと書きたい事が山のようになり、発行を始めた時からどんどん文字の数が増え続け余白がどんどん小さくなり、B5の紙からA4に変わる日も近いかもしれません。

黒豚加工品販売中です!こちらからどうぞ!
posted by Mr.Buu at 10:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

お塩のお話

この農場で加工品の販売を開始後間もなくピンクソルト使い始めました。
様々な塩で試作品を作る中、選ばれたこの塩はアンデスのボリビアが産出国のとてもいい塩でした。
 ところが、この輸入をしている会社がなくなってしまいました。
前回、注文した時に「今回はまだお送り出来るのですが、次回はもう事務所を閉めていると思います。でもまた、別の会社が引き継ぐ事になると思いますので、決まったらこちらから連絡を差し上げます」と言われ待っていたが、、、連絡はこなかった。

別のお塩を探すしかなくなった、、、

そろそろ本格的に塩を探し決めなければならないのですが、今目を付けているのはヒマラヤのお塩です。実は前述の試作の際、最も美味しいと感じたのはヒマラヤの塩でした。ところが値段的に高すぎて使う事が出来ないという経緯がありました。
 しかし、今回ネットで探していると使用可能な価格帯で発見しました。少量買って試食してみたいと思います。どんな味になるのか楽しみです!

加工品、販売中です。こちらからどうぞ!
posted by Mr.Buu at 05:00| 黒豚加工品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

ヨッチとピーター

先日、母豚のピータが二度目のお産を終えました。
お産の次の日、15頭生んだうち12頭が生き残っており、また次の日にもう1頭圧死してしまい現在は11頭になっています。

このピータは2年ほど前、加工品にした時の肉質が良いウーピーの子豚を母豚にすることにしたものの、既にウーピーは体の調子があまり良くなく、子豚も下痢をしがちで、授乳期間中人間からもヨーグルトの差し入れを哺乳瓶でされて育ちました。

 そういった子豚への人口ほ乳で「この豚は私が育てる!」と一番張切るのがヨッチ。
名前もなぜか男の名前「ピーター」と勝手に決めてしまいました。

子豚の群れをヨッチがいじくり回していると、こちらはつい子豚が疲れてしまうのではないかとか、変な病気をうつしてしまうのではないかとか、色々いらん事を考えてしまいましたが、最近はヨッチにいじくり回された豚たちは良く人になつき、ストレスも少なく穏やかに成長するような気がしています。

このピーターもエサの前にはひと(豚)が変わったようになってしまいますが、普段はとても穏やかで、近づいても興奮したりしないし、お産の時も安心して任せられる、手のかからない母豚になりました。

ヨッチの冬休みの自由研究は「豚の写真立て」
完成した写真立ての中にはピーターの写真が飾ってあります。
ヨッチとピーターは堅い友情で結ばれているようです。
000405.JPG

加工品、販売中です。こちらからどうぞ!
posted by Mr.Buu at 05:10| 黒豚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

自然の力

加工品のネット販売を久しぶりにアップしておりますが、アップした製品の数が少なくなってきております。でも、在庫はまだまだあります!
今日また新たにアップしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
「燻製ヒレ肉」ネット初登場です!天然の優しい味をぜひお楽しみくださいませ!
こちらからどうぞお入りください。

春の陽気を感じる今日この頃、昨日は久々に青空の中の狩場山を見る事ができました。
我が家からは近すぎて近くの小山の陰になりに見られないだけに、たまにドーンと姿を見るとその美しさに何となく心が洗われるような気がします。

近年、話題になっていた量子論。
当然ながら私には全く難しすぎますが、良く理解されている人の話によると、量子のレベルでは物質とエネルギーが相互に行ったり来たりしていると言い、今までの科学の常識を根底から覆す発見だそうです。
そして、藤原直哉さんなんかがよく言うようにその科学的視点を社会の現象に向ける人も多くあるようです。

想いが現実になる。
エネルギーの高まりが新しいものや組織を生み出す。

そんな風に世の中を見るとそんな気もしてきます。
悲しい出来ごと、悲惨な事件。理想と現実が違うというような事も多くありますが、夢や希望が人に力を与えそこに人が集まり新しい現実を作り出しているという事もまた私たちはよく目にします。

なんだか雄大な自然を見ていると、新しい力が湧いてくるような気がしてきました。

「天は神の栄光を物語り、大空は御手の業(わざ)を示す。
 昼は昼に語り伝え 夜は夜に知識を送る。
 話すことも、語ることもなく 声は聞こえなくても
 その響きは全地に そのコトバは世界の果てにまで及ぶ。」(詩篇19.1〜)
posted by Mr.Buu at 05:38| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

心の共鳴

加工品のネット販売を久しぶりにアップしております。
「燻製ヒレ肉」ネット初登場です。どうぞよろしくお願いいたします。
こちらからどうぞお入りください。


先月末にまた山の会の会合がありました。
今回は今金のソガイさん、夢を持つ羊農家オオグチさん、函館ベンチャー企画の方々が5人、我が家のウーファーも参加し大盛況でした。
000402.JPG
並んだ!ソガイさんのスーパートマトジュース!

000403.JPG
皆でそのトマトジュースで乾杯!

函館ベンチャー企画の方々の内、3人は学生さん。
創造力を働かせた実戦経験と人件費の等価交換で先進的な取り組みをエネルギッシュにされています。
今回は私たちのために方々歩き回り営業をしてきてくださいました。ありがとうございます!!

熱い熱いみんなの思い、、、
私たちの思い、、、
心が共鳴し合って、素敵な時間が持てました。ありがとうございました!
posted by Mr.Buu at 05:09| 黒豚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。