2007年10月11日

ミートホープの余波

000105.JPG
ちょっと前、保健所の職員の方が来られ、ミートホープ事件にともない、肉の仕入れ量と販売量の記録を残すよう指導を受けた。

 我が家では、自分のところ以外の豚肉を使っていないのだが、屠殺場から生肉を引取って来る際に段ボールについているロット番号と引取量、そして販売した量を記録しておくようにとの事だったので、前回の生産からそのようにしている。

 全道的にこのような指導が行われているようなのだが、記録であれば悪い事をしようとする人であれば改ざんするのは朝飯前で、それが果たして抑止力になるのか、むしろDNA検査など抜き打ちでやり、その旨を業者に通知した方がいいのでは?などと思ってしまった。

 思えば、ミートホープで大騒ぎしていたマスコミは、その後追跡調査などしているのだろうか。
朝青龍問題で「外国人に心技体を求めるのはムリ」などとトンチンカンなコメントをしていた評論家諸子は、今回の相撲部屋リンチ殺人事件ではどんな事を言っているのだろう。

学校教育法改正の時にはイジメによる少年少女の自殺問題が連日報道されたが、大人のイジメにまで拡大して掘り下げる事はなく、いつの間にかブームが去るかのように収束していった。

何か様々な問題の取り上げ方が表面的で、本質的な解決への糸口を探しているように思えないのは私だけだろうか。
posted by Mr.Buu at 20:33| 黒豚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。