2010年12月10日

ブツ原型をとどめず証拠隠滅の疑い

現場のブツはヒヅメのような物でバイオベッドに練りこまれる形で原型をとどめておらず、昨日与えられた雑穀入りベビーライスが果たしてどの程度消化されたかについては検証する事が難しい模様。
この農場の飼育担当官が重要なブツの行方を食事中の雄豚ジェームズ・ボンド(7歳)に尋ねたところ、不審な挙動をとった為「証拠隠滅」の疑いがあるとして重要参考豚として更に詳しく事情を聴取することにしている。


posted by Mr.Buu at 22:41| エサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

明朝、ボンド君のブツに注目集まる!

寒くなってまいりました。
加工品製造の日々が続いております。
今日の製造は、チャーシューとスパイシーハム。良い出来に仕上がっております。特に今回のチャーシューは塊を大きくしたので、肉の旨味が凝縮したような美味しさに仕上がりました。
満足、満足。

先日、シゼントトモニイキルコトのソガイさんが雑穀入りのベビーライスを持ってきてくれました。(ソガイさんありがとうございます)
今日の夕方、まずは雄豚ボンド君にそのまま食べさせてみました。
実験です。
果たしてどれくらい消化できるのか、、、
明日ボンド君の生産物をじっくり拝見しその後の展開を考えたいと思います。
私達の黒豚君たちのエサの国産率は肉豚で50%くらい。親豚だともっと低くなります。
出来ればいつの日か100%に!の小さな歩みになればいいのですが。

そしてお歳暮。
思ったより注文が来ていません!やや、少し、かなり焦っています。
まだの方いらっしゃいましたら是非ご用命下さい。

posted by Mr.Buu at 21:31| エサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

こうじ君に乗って

今日の仕事はビート畑予定地の続き。
我が家のちっこいトラクター通称こうじ君にまたがりロータリーをかけた。今日はブヨが凄かった。帽子に網のついたものをかぶっても数箇所刺された。ブヨ恐るべし!
明日はまた少し早起きをしてロータリーがけを終らせたい。

夕方豚の放牧場への出し入れをして電牧の漏電チェックをしてフト見るとなんとも草地と豚舎が綺麗だった。で、カメラを取りに行ったのだけれど帰ってきて見るともう美しさのピークを過ぎていた(まぼろしだったのか!)。残念。

000356.JPG

000357.JPG
posted by Mr.Buu at 21:36| エサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

今日も開墾

ビート畑作りに向けてユンボを使った天地返しから今度は土中に埋まっているゴミ(前の人が捨ててった牛の乾草を縛るヒモ)拾い及びクワを使った凸凹直しの第二ステージへと進んでいる。

今日は雨がパラついていたが気温が低く、そこそこ風もあったのでクワを振るっていてもそんなに暑くなくブヨにもそんなに攻撃されなかったので中々快適な作業日よりだった。
 作業をしながらトルストイの「イワンの馬鹿」を思い出したりしていた。畑の中から小さい悪魔が出てきてイワンがその尻尾を掴んで放りなげたりする、、、。そんなこと考えてたら真っ黒い犬のジャックが目の前に木をくわえて現れたのでビックリして心臓が止まるかと思った。


000355.JPG
これはユンボで天地返ししてる時の写真
posted by Mr.Buu at 20:04| エサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

でも俺はやりたい!

この前の秋からやりたいと思っていた飼料用ビートの「増産」。今年はやりたい(やらなきゃならない)事が沢山ある中、どの程度畑を拡張するかでかあちゃんと意見が分かれた。一区画丸ごとビート畑にしたい私と「あんまり一気に増やしすぎても管理しきれなくなる」と慎重なかあちゃん。

ビート畑にするには、まずユンボで大きな石をどけて堆肥を入れて耕さなくてはならない。おまけに前の人が残していった牛の乾草を縛るナイロン製のヒモが土に絡みついた状態で大量に埋まっている。

現実的に考えて、畑の準備も管理もとてもじゃないが出来るはずが無い(今日も一日フル稼働で5分の1終ってない!)。自分でも全く自信が無い。でも、今回の世界的な不況はこのままで終るはずもなく、自給飼料に本気で取り組まねばならない時期だし、自分的にもすでに燃えちゃってるので止まらない。

今まで、数々の新しい事にチャレンジして半分以上は失敗してる私にその暴走をいさめつつもついて来てくれたかあちゃん。今度もアホな私のサポートをしてくれてます。すいません。明日も早起きしてがんばろか。
posted by Mr.Buu at 21:51| エサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

ビート収穫!

今日は飼料用ビートの収穫!
と意気込んでお休みのヨッチと畑に出て巨大に育ったビートを愛でながら収穫しては軽トラに積んでいると家で印刷物を刷っているはずのかあちゃんがしかめっ面をして出てきた。いやな予感がする。

「ついにパソコンが壊れた、、、」とぽつり。

、、、あちゃー。前々からいやな動きをしてはいたが、バックアップをきちんと取っていなかった!中には大切なファイルが沢山。インターネットでデータ修復をしてくれるところを探して、コンピュータをパッキングした後東京へ発送。修復にいくらかかるんだろう、、、

それから、印刷途中のデータを新たに作り直し印刷。
何とか今日の製品発送に間に合った。
その間、かあちゃんとヨッチはビートの収穫。
夕方二人は宅急便に荷物を出しに行き、私はビートを建物の中に運び入れた。
収穫量は昨年より大幅アップ。今日はフレコン一個くらいの量が取れた。

しかし、何かとトラブルが出てしまう。
こんなことにならなければビートの収穫は今日で終ったはずなのに(涙)

000337.JPG
posted by Mr.Buu at 22:23| エサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

野生のカボチャ

毎年堆肥の中に落ちているカボチャの中から新しいカボチャが芽吹き花を付け実りの秋にはきちんと収穫できる。
 今年も数日前、堆肥カボチャを無事収穫した。

本当は堆肥の中の栄養が減ってしまい良くないかも知れないが、こうしてわずかなりとも収穫できるのだから我が家的には大満足。
人間が食べるには味がいまいちと言う事なので黒豚君へ贈呈予定。きっと黒豚君達も大大満足。

000336.JPG
posted by Mr.Buu at 21:32| エサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

やるきまんまんま〜ん

昨年買った麦をカビさせてしまった、、、
でも、地面に蒔いたら芽を出してきた。
ここら辺では秋蒔き麦は9月25くらいまでに蒔かなきゃいけないらしい。
かなり遅くなってしまったけど、第二弾を荒地に蒔いてみた。
本当に出来るのかかなり怪しい。冬が来るのも遅れてくれたらいいのに。
000330.JPG

それと、昨日書き忘れたが、昨日の夕方にウーピーの子豚を離乳させた。なんだかんだで気の抜けない授乳期間であったが何とか8頭を育ててくれて感謝!
 出産当初から何故かこの群れの中にヨッチが入り浸っている。かなり乱暴に子豚達に愛情表現をしているが、豚たちも慣れたもので全然逃げずに手荒にひっくり返されては撫でられている。(私などが入ると大慌てで逃げ惑うのに!)

ヨッチは「さっき、ウーピーに子豚のことをよろしくねってお願いされちゃった」と言っている。育てる気まんまんだ〜
出荷になったら「この豚は連れてかないでっ!」ってまた言われるんだろうな、、、
posted by Mr.Buu at 21:30| エサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

最近のお肉

最近のお肉はばらつきがやや減ってきたように感じる。

豚にも様々な個性があり、麦が好きな豚あり、麦嫌いな豚ありでその性質はそのままお肉に受け継がれる。そもそも体格なども個性であろうが、養豚家としてはバラつきを極力押さえたい。

配合したエサを水に浸したり、ビールらしきものに浸したりしてやってみた。選り好み食いは抑えられたものの、唾液の分泌量が減ってしまうのかウンチの状態を見ると少し消化が悪くなっている。匂いも強い。

今まで水に浸していた豚達のエサを普通の乾燥したものに戻すと、エサの食いがとても悪くなった。そしてやはり選り好みしながら食べている。そこで今度は大体エサの粒度が同じくらいになるように砕いてみる事にした。

お肉のバラつきが減ってきたのは粉砕したエサの効果であるように思う。引き続き観察しなくては確信は持てないが。
posted by Mr.Buu at 22:07| エサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

貧乏ヒマなし

最近のガソリンと飼料費の高騰で、我が農場もやりくりが大変だ。
もともとこだわりにこだわった飼い方をしているので、製品単価はおのずと高くなってしまう。加工品の単価も上げることを考えているが、上げ幅は経費の上昇分をそのまま乗せる訳にいかない、、、。

そこで、考えられるのは「民に出来る事は民にやらせる」ではなくて「自分に出来る事は自分にやらせる」だ。とにかく出来る事は何でもやるという経営方針である。
通常養豚は買ったエサをそのまま豚にやる。だが、今までの私達は単品のエサを個別に買って、配合し与えていた。しかし、数週間前からはエサの前処理に当たる「ひき割り」の段階をもこなすことにした。逆接の接続詞を連続使用するほどの覚悟が必要だ。

エサの単価は少々下がったが、平常業務時間は大幅に増加!
その平常通常業務に追われて、特別業務であるところの豚舎の建築や自家栽培飼料の研究などにさく時間がにゃー。

でも、こんなこんなんな時だからこそ、多くの人の支えを余計強く感じている。薪が完全に準備し切れていない我が家にt君が電話で「ウチには2年分あるんでピンチになったらなんぼでも持ってってください」と申し出てくれた。

感謝。
posted by Mr.Buu at 22:22| エサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

小麦運搬

今日の仕事のメインは小麦の運搬。
設備と機械があれば、きっとなんて事ない仕事なのだろうが、我がファーム ブレッスドウィンドは人力をモットーとしている(強がり)ので一つ一つの仕事を心ゆくまで、いや放心するまで堪能できる。

雪に埋まったフレコン(袋状のコンテナ)を掘り出し、手鍋ですくって20kgの紙袋に入れ直し、豚舎の中にエッチラこっちら運び入れる。フレコンには500kg入っていた。途中、ウーピーの乳を揉んだり(マッサージとも言う)子豚にクスリをやったりエサを炊いたりして、終わる頃にはヘトヘトになってしまった。

昼食は3時を回っていた。運搬仕事中盤にはもう一つのフレコンもやっちまおうモード全開だったが、病み上がり寸前のとうちゃんにはチと厳し過ぎた。
残念。ここでギブアップ!燃えカスになっちまった。
ストーブの前に転がっているとかあちゃんとヨッチが帰ってきた。あっ、おかえんなさい、、、
posted by Mr.Buu at 21:15| エサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

ササ刈の思い出

数日前から雪の上に少しだけ顔を出しているササを刈って我が黒豚君たちにあげている。

ササを刈っていて思い出すのは十数年前に私塾のスタッフだった頃のこと。塾生たちと一緒に斜面のササを刈っていた。ササは茎がとても固いので水平に鎌をはしらせても切れない。少し斜め上もしくは下向きに刈るのがコツだ。

刈り終わった斜面は剣山(ケンザン)のように短い切り株が並びとても危険、しかも上にのると結構滑る。
その日はちょうど雨上がりだったのか茎が濡れていて危険度ナンバーワン(!?)状態。

いつものようにとうちゃん(その当時は無論父ではないが)は大張り切りで仕事に望んでいた。そして、滑った、、、

ブスッ!

げっ!ポタポタポタ、、、血じゃー!
滑って転んで手を突いたまでは良かったが、ベストポイント(ベストかっ!?)にササの切り株があったのだ。
運悪く人よりもかなり命中率の高いとうちゃんの鼻の穴に刺さっていた。
目でなくて良かった!(って言ってる場合じゃない)。

今もササを刈っているとトラウマのように、記憶がフラッシュバックする。
posted by Mr.Buu at 21:15| エサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

米ヌカを買いに

以前取り引きしていた飼料屋さんは、米穀屋さんなので米ヌカも一緒に売ってもらっていた。しかし、この不景気で運搬を運送屋さんに頼む事ができなくなり、この地域から撤退して行った。そこで別のエサ屋さんと取引が始まった。

しかし、米ヌカだけは今のエサ屋さんで扱っていないので、ここから車で1時間ちょっと離れた前のエサ屋さんのある町まで軽トラで買い出しに行かなければならない。

今日は今年最後の買い出し日、かあちゃんも長距離軽トラドライブにあまり自信がないし、とうちゃんも体が本調子じゃないので久々に二人でドライブして来た。ただ、かあちゃんは車で寝ているうち、首にムチ打的痛みが走り始め、とうちゃんは睡魔との戦いで疲れ果て、あまりハッピードライブではなかった。

しかし、毎年この時期オオワシが見られる川のポイントで、今年はけっこう沢山見れたのでちょっと安心した。地球温暖化で自然の生態系が変容しつつあるのを感じる昨今、来るべき美しい鳥が来るのにはホッとさせられる。
000227.JPG

P.S.帰って来たら豚舎の中の一豚房、子豚のドアが開いていて、色んな器具やエサがグチャグチャに、、、、松田優作調「なんじゃこりゃ〜」状態トホホ
posted by Mr.Buu at 21:45| エサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

道産小麦の試食

道産小麦が手に入った。

規格外の物らしいのだが、これから豚に試食させてみて調子いいようだったら、しばらくコーンの代わりに使ってみようと思う。本で調べてみると一般的に小麦は脂肪を良質にし、値段の面でつり合えばコーンよりも若干良い効果が期待できるとか、、、
 しかし、粒が堅いので豚にあげる時には工夫が必要なようである。

黒豚君達の反応やいかに!

ところで、、、
今日、札幌後楽園ホテルむかえのイタリヤ料理レストランsaguraに行って来た。saguraさんでは今年の春くらいから我が農場の黒豚肉を不定期で使っていただいている。前々回の販売の時には仕事で忙しいさなか「今までで一番美味しいお肉で感動しました!」と嬉しい電話をかけて下さった。

残念ながら休みの時間で、美味しい料理はご馳走になれなかったが、お洒落で素敵なお店だった。「ぜったいもう一度来る!」と心に誓った。

「道新のほっぺおちの旅」の取材に来られた方もsaguraの事を知っていて、「美味しいお店ですよ」と言ってた。お近くの方、美味しいイタリヤ料理はいかがですか。
posted by Mr.Buu at 21:32| エサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

ビジュアル系に戻る?

今日は北桧山の農家の方がジャガイモを大きな700kgくらいある袋に9個も持ってきて下さった。この飼料が高騰している時期に何よりうれしい贈り物だ。豚に早速あげてみたらあまりにも美味しくてブーブー言っていた。よしよし。

000194.JPG
袋のうちの1つが破れて落下してしてしまったので、コンテナに入れて軽トラで運ぶことに。軍手をはめてサーやるぞ!隣で一匹、勘違いしてるのがいます。これは遊びじゃないのだよ。

000195.JPG
つめ込み開始!豚のお産を介助をしているかのようです。

000196.JPG
冬色の空は今日も綺麗です。
最近は、写真を載せるのが少なくなっていたが、本来の(?)ビジュアル系に戻りました(笑)
posted by Mr.Buu at 21:38| エサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

ジャガイモ

今日は前回販売出来なかったお客様のスライス肉のカット。

そして夕方、高校の先輩のY君がジャガイモをユニック付きのトラックで届けてくれた。大きな500kgは入る袋に4つ。
ユニックで吊り上げ、チェーンブロックで引き入れ、なんとか豚舎の2階に引き入れた。かなり時間がかかった。雨の降る中、力と知恵と時間をさいていただいたY君に感謝。

明日は同じくらいのジャガイモが別の人から8つ届く!!
とうてい今日と同じわけにはいかない。D型ドームに入れてもらうことにしよう。冬が本格的に来る前になんとか「しばれない保管所」に移動しなくては!
posted by Mr.Buu at 23:10| エサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

カボチャの運び入れ

000121.JPG

今日は久々にゆったりとした1日を過ごした。
午後から家族3人で先日いただいてきたカボチャを豚舎に運び入れた。最近はよっちも気分がのれば戦力になるのだ。豚の夕食時間にも出てきて嬉々としてスコップで割ったカボチャを豚に与えていた。

前に母ちゃんのブログでも紹介したが、カボチャは鹿児島黒豚が与えているサツマイモよりビタミンEが豊富だ。ビタミンEは、肉の保水性を高めドリップを押さえる働きがあるという。前回の肉質が良かったので、次回は更に期待できるかも!!
 
posted by Mr.Buu at 20:13| エサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

試行

000065.JPG
今まで我が農場はエサについて、何を豚に食べさせるのか飼育者が把握するため、また危険な物質の混入を防ぐため市販の配合飼料は買わずに自家配合して来た。しかし、その中に入れるトウモロコシは特別にこだわったものを使って来なかった。一番の原因はコストの問題である。

 うちの製品は豚の飼育や製造方法にこだわりを持っており、他の製品と比べて少々高い。だからこれ以上値段をあげる訳にはいかず、ト
ウモロコシの部分で更に経費をあげる訳には行かない事情があった。

 しかし、若干経費が増える事にはなるのだが、今回その課題はクリアー出来そうなので、遺伝子組み換えしていない(95%以上)トウモロコシを試験的に与えてみることにした。まだ、飼料タンクを設備したりエサの保存性が分らないので、今後、継続してゆくかは1ヶ月与えてから決めようと思う。

 ひいき目かもしれないが、今回買ったトウモロコシは今までのより粉っぽくなく、ちょっとピンクがかって美味しそうに見える気がする。(微笑)
posted by Mr.Buu at 19:46| エサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

飼料用ビート

000062.JPG

我が農場の遠大な夢がエサの自給だ。
なぜ遠大かというと、ウチのような零細農家でも1ヶ月に必要とするエサは1tを超えるからだ。作業の日程的にも不可能に近い。

ともあれ、今年はその第一歩として、かなり小さい面積ではあるが飼料用ビートに挑戦している。
 昔の畜産農家はけっこう栽培していたらしい。しかし、今ビートと言えば砂糖用がほとんどだろう。

 いろんな別の作業の中でビートは後回しになりがちで、間引きと除草の仕事が遅れている。その分、間引きするビートが大きくなり、間引きしたモノが動物達に喜ばれている。
 牛はおもに草の部分が好きなようで、豚はおもに根の部分が好きなので、両方とも好きな部分だけが食べられて嬉しそうだ。

少しは「甘い」のだろうか。今度洗って食べてみよう。
posted by Mr.Buu at 20:27| エサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

しんちゃんマシーン7号その後

先日アップしたちょっと間抜けな大真面目、しんちゃんマシーン7号を設置した所。
000054.JPG
はじめは、その異形におどろき、自分達の小屋に入りたがらず、入ってもおっかなびっくり。

遠巻きに
「お前が行けよ!」
「オレはいいよ、お前の方が先行けよ!」
と互いに譲り合っている。

そして、オドオドしながら横並びに近付き、
ホレこの通り。
000055.JPG
7号成功!!!

しんちゃんマシーン。いつも、こういう風に上手くいけばいいんだけどね、、、
posted by Mr.Buu at 19:30| エサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。